奥が深い症候群

ソフトウェア開発の職場でよく発症する症状

奥が深い症候群

使いにくいツールに「奥が深い」と言ってのめり込む症候群。
往往にしてもっとシンプルな解決策が他にある。

弊社フレームワークTexC++PerlVimEmacsなどで発症しがち。

理由があるはず症候群

不合理(に見える)仕組みを見つけた時、
「こうなっているのにはきっと理由があるはず」と推測して、手をつけようとしない症候群。

実際には、

- 過去に必要だったが現在では不要になったものだったもの
- 継ぎ足しで実装して複雑になってしまったもの
- 原作者の無知によって誤った実装をしているだけのもの

といった、真に不合理であることも多く、こういったものは取り除くべきである。

また、理由があって変わった仕組みになっている場合も、
推測するのではなく、原作者やドキュメントに当たって本当の理由を調べるべきだ。

レガシープロジェクトのメンテで発症しがち。

現実を見ろ症候群

ソフトウェアのバージョンが古い、テストが未整備であるなどの問題について「だが、そんな時間は無い。現実を見ろ!」と、無視してしまう症候群。

ビジネスでは時間や人手を効果的に配分しなければならないが、果たして、メリット・デメリットを十分評価した上で、Rails 4.0 をつかい続ける判断をしたのだろうか?新機能を使えないプログラマーが不満を持つというだけでなく、セキュリティホールを抱えてしまう恐れもある。

また、「時間がない」のはテストが不十分で、不具合修正に追われているからかもしれない。

こうすればイケるよ症候群

ツールの欠陥を、ツール自体の改良ではなく、使い方で回避しようとする症候群。
奥が深い症候群に似ているが、プログラマーと言うより、プログラムを使う社員に発症しがち。

パブリックなソフトウェアだと、不具合報告しても直してもらえないことが多いので、運用でカバーするしかないことが多いが、同じ社内でそれをしだすと結局は誰の得にもならないことが多い。

エンドユーザーは忌憚なく不満を伝えるべきだしし、プログラマーは真摯に対応するべき。

だってわかんないもん症候群

ツールの機能を深く理解せずに、目先の目的を達成するためだけの誤った使い方をし、それの尻拭いを他人にさせてしまう症状。

現実を見ろ症候群に似ているが、「だって、難しくてわかんないもん」と感情的に反発するのが特徴。

また、プログラマーでも発症することがある。、PlayやRailsなど(患者から見て)エッジなフレームワークを触ることになったとき発症し、作法をよく理解せずに実装、バグをしこんでしまう。

発症するときは、ツールの利用側と開発・運用側とが没交渉であることが多い。まず、顔を合わせて話すことから始めよう。

あとがき

 書いていてどこかで読んだことがあるな、と思ったら、この本でした。

この記事より、もっと多く、もっと深い内容が書かれているので、お盆におじいちゃんにもらったお小遣いで買って読んでください。

アドレナリンジャンキー プロジェクトの現在と未来を映す86パターン

アドレナリンジャンキー プロジェクトの現在と未来を映す86パターン

  • 作者: トム・デマルコ,ピーター・フルシュカ,ティム・リスター,スティーブ・マクメナミン,ジェームズ・ロバートソン,スザンヌ・ロバートソン,伊豆原弓
  • 出版社/メーカー: 日経BP
  • 発売日: 2009/10/22
  • メディア: 単行本
  • 購入: 10人 クリック: 156回
  • この商品を含むブログ (46件) を見る