読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソースに一行追加するだけで実行時にバイナリをバルスできるモジュールを書いた

Go ジョーク

バズーカが弾切れ、絶対絶命のピンチ、メガネの小悪党がmain関数を実行する前に実行ファイルを削除したいというのはよくあることです。

使用例

たとえばこういうコードに・・・

// get.go
package main

func main() {
   println("ハハハハハ!飛行石を手に入れたぞー!!")
}

importをくわえるだけで・・・

// get.go
package main

import (
  _ "github.com/doloopwhile/go-balse"
)

func main() {
   println("ハハハハハ!飛行石を手に入れたぞー!!")
}

たったこれだけでバルスします!

$ go build get.go
$ ./get
panic: _人人人人人_
      > バルス!<
        ̄Y^Y^ Y^Y^ ̄

goroutine 16 [running]:
runtime.panic(0x44cc20, 0xc208000120)
    /usr/local/go/src/pkg/runtime/panic.c:279 +0xf5
github.com/doloopwhile/go-balse.init·1()
    /home/kenjiomoto/gocode/src/github.com/doloopwhile/go-balse/balse.go:9 +0x87
github.com/doloopwhile/go-balse.init()
    /home/kenjiomoto/gocode/src/github.com/doloopwhile/go-balse/balse.go:10 +0x4b
main.init()
    /home/kenjiomoto/Downloads/get.go:10 +0x46

goroutine 17 [runnable]:
runtime.MHeap_Scavenger()
    /usr/local/go/src/pkg/runtime/mheap.c:507
runtime.goexit()
    /usr/local/go/src/pkg/runtime/proc.c:1445

goroutine 18 [runnable]:
bgsweep()
    /usr/local/go/src/pkg/runtime/mgc0.c:1976
runtime.goexit()
    /usr/local/go/src/pkg/runtime/proc.c:1445

goroutine 19 [runnable]:
runfinq()
    /usr/local/go/src/pkg/runtime/mgc0.c:2606
runtime.goexit()
    /usr/local/go/src/pkg/runtime/proc.c:1445

$ ./get
bash: ./get: そのようなファイルやディレクトリはありません

doloopwhile/go-balse

あとがき

最初は「importするだけでカレントディレクトリのファイルを全て削除」という仕様にしたところ、うっかり「README.mdがー!!README.mdがー!!」となってしまったので、実行ファイルを削除するだけのオトナシイ仕様にしました。

「ソースに一行追加するだけで・・・」は本来もっと真面目な目的で利用できるものです。

広告を非表示にする