読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Singletonパターン (3) - モジュール

python デザインパターン


実はPythonには、どんなクラスも簡単にSingleton化する方法があったのです!

class FooBar(object):
    pass
FooBar = FooBar()

これで、FooBarのインスタンスは作れません(笑い)

もちろん、この簡単Singletonを突破するのは簡単です。

import copy
e2 = copy.copy(FooBar)

でも、Pythonを使っている限り、
どんなに凝ったSingletonを作っても無駄です。

例えばSingletonパターン (1)
のSingletonも簡単に突破できます。

#いわゆるSingleton
class Singleton(object):
    _instance = None
    def __new__(cls, *a, **kw):
        if cls._instance is None:
            cls._instance = object.__new__(cls, *a, **kw)
        return cls._instance
    
    def set_name(self, name):
        self.name = name
    
    def get_name(self):
        return self.name

s1 = Singleton()
s1.set_name("foo")

Singleton._instance = None
s2 = Singleton()
s2.set_name("bar")

print s1.get_name(), s2.get_name() #=> foo bar

また、モジュールを使う方法もあります。

モジュールは1つしか存在しません。グローバル変数と普通の関数を定義したモジュールは、Singletonになります。

また、普通のクラスをモジュールを使ってSingleton化する事もできます。

#module_singleton.py
class _Example(object):
    def set_name(self, name):
        self.name = name
    
    def get_name(self):
        return self.name

_instance = _Example()

set_name = _instance.set_name
get_name = _instance.get_name

if __name__ == "__main__":
    import module_singleton
    module_singleton.set_name("asopasomaso")
    print(module_singleton.get_name())