Goplay: Goで手軽に書捨て環境を作るツール

goreの説明を追記。

f:id:doloopwhile:20040712133434j:plain

LLから、Goに移るときの不満の一つに「標準のREPL(インタラクティブシェル)が無い」があります。

「ポインタはmapのキーになるんだっけ?」のような、つまらない(けど、ありがちな)疑問を解消するには、ドキュメントを漁るより、コードを書いてしまう方が、手っ取り早いですよね?

goplayを作った!

goplayは、書捨てGoコードを書くためのシンプルなツールです。

https://camo.githubusercontent.com/db725471459165d7d24b6e6f234b02267b187746/68747470733a2f2f7261772e6769746875622e636f6d2f646f6c6f6f707768696c652f676f706c61792f6d61737465722f64656d6f2e676966

やっているのは、 1. 一時ディレクトリを/tmp/goplay/以下に作る 2. main.goを一時ディレクトリに作る 3. 一時ディレクトリで新しいシェルを起動 4. 環境変数GOPATHに一時ディレクトリを追加。 これだけです。

インストールはgo getするだけです。

go get github.com/doloopwhile/goplay

他の方法との比較

ちゃんとしたREPL(gore)を使う

いや、正直、普通はgoreのほうがいいと思います。良い子はgoreを使いましょう。

エディタで書捨てコードを書きたい子はgoplayを使いましょう。

github.com

Go Playground

Go Playgroundはブラウザ上でGoを書いて実行できます。 しかし、

  • 外部ライブラリをimportできない
  • 好きなエディタが使えない という欠点があります。

goplayは、ローカルで実行するので、外部ライブラリもエディタも自由に使えます。

その場でvi a.goする

まぁ、それでも動くは動くんですが、

package main*.goファイルが同一ディレクトリに複数あると、 エディタのシンタックスチェッカーが、

「main redeclared in this block」

を出してくるのが五月蝿い。

そして、作ったスクリプトを削除するのも面倒くさい。

Let's go!

広告を非表示にする