読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Linux Mint Xfceのデフォルトのキーボードショートカットを削除する

Linux Mint 16 Xfceでは、Superキー(Windowsキー)を叩くとメニューが開き、Super + Tでターミナルが開く、といった設定があらかじめされている。 こういったアプリ起動のキーは「設定マネージャー→キーボード→アプリケーションショートカットキー」から追加できる。 しかし、バグ(と言うべき仕様)によって、「SuperL→メニュー」のような初期設定のショートカットは削除したり変更したりできない。そのために、Superを他のアプリに割り当てるといったことができない。

解決方法

システムのxfce4-keyboard-shortcuts.xml を別名にリネームする。

mv /usr/share/mint-configuration-xfce/xfce4/xfconf/xfce-perchannel-xml/xfce4-keyboard-shortcuts.xml{,.bak}

xfce4-keyboard-shortcuts.xmlにはアプリケーションショートカットキーの初期設定が書かれている。これがユーザー独自の設定より優先されるので、設定を上書きできないのである。