読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google App Engine for JavaでHello World!

Eclipseを使うと便利らしいのですが、PCのスペックが足りないので、コマンドラインを打ち込んで開発する事にします。

コマンドラインからGAEを使う場合、Apache Antが必要です。

  1. Binary Distributionsからapache-ant-1.*.*-bin.zipをダウンロードします。
  2. 適当な場所(C:\Program Files\Javaなど)に解凍します。ここでは"C:\Program Files\Java\apache-ant"というフォルダが出来たとします。
  3. 環境変数ANT_HOMEに"C:\Program Files\Java\apache-ant"を設定します。
  4. 環境変数PATHに"C:\Program Files\Java\apache-ant\bin"を追加します。


次にGAEのプロジェクトを作ります。

appengine-java-sdk\demosに、new_project_templateというフォルダがあります。
これを丸ごとコピーして、「java-spam」とでも名前を変更します。

java-spamの中身はこんなです。

D:.
│  build.xml
│  COPYING
│
├─html
│      index.html
│
└─src
    │  log4j.properties
    │  logging.properties
    │
    ├─META-INF
    │      jdoconfig.xml
    │
    ├─org
    │  └─example
    │          HelloAppEngineServlet.java
    │
    └─WEB-INF
            appengine-web.xml
            web.xml

後々、これらのファイルを編集するのですが、まずはbuild.xmlを書き換えないと動かせません。

  <!-- When you copy this template to your working directories, change the
       value of appengine.sdk accordingly.  You may also want to use Ant's
       property file feature, allowing each developer to have their own
       local property file with the path to the SDK from that workspace. -->
  <property name="appengine.sdk" location="../.."/>

locationの値を、appengine-java-sdkのパスに書き換えます。

これでantを実行すれば、テスト用サーバーが立ち上がるはずです。

$> cd D:\owner\My Documents\My Dropbox\Clojure-on-GAE\java-spam
$> ant
$> ant runserver

ブラウザでhttp://localhost:8080/を開くと、「Hello App Engine」が表示されます。

次回はClojureのインストールの予定です。

広告を非表示にする