py2exeでバージョン番号などを付加する場合の注意

py2exeでは、setup関数に引数を追加することで、exeにバージョン情報などを追加できます。
ファイルを右クリック→プロパティ→バージョン番号で、見られるヤツの事です。

追加できる情報の種類については、distutils.core.setup関数についてのドキュメントを参照。

setup(
    options = {'py2exe': py2exe_options},
    windows = [
            dict(
                script = 'SffAirMaker.py',
                icon_resources  = [],
                other_resources = [(24, 1, manifest)],
            )
        ],
    data_files = [],
    zipfile = None,

    version="2.0.0",
    name="sffairmaker",
)

ただし、nameにunicodeを設定すると、py2exeがエラーを吐きます。
どうやら、元々unicodeを想定していない(strしか知らない)ようです。

また、バージョン番号も数字しか扱えません。"2.0.0a6"とかはダメなのです、なぜか。

python 3.x版がもし出るなら、直して欲しいものです。

広告を非表示にする