読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終わったパターン


これで「Rubyによるデザインパターン」のPython訳は終わりです。

我ながらひどい出来ですが、それでも来てくださる人がいたようです。

ありがとうございました。



「実戦に勝る練習は無し」と、どこかで聞いたことがあります。


きっと、その通りなのでしょう。



しかし、デザインパターンの場合、使い時が決まっているので、

全部のパターンが今すぐ使えるわけではありません。

つまり、実戦の機会が少ないのです。

そういった場合、他人に解説することが大いに役立つと思います。



こんな文章でも、時には2時間ぐらい

Pythonとしてもっとも自然なコードは何か」

「この説明で分かってもらえるか」

と考えました。



実戦にはならなくても、良い演習ではあったと思います。